TSOLアカデミー
TSOLアカデミー

人材価値向上こそ、未来への推進力
 『TSOLアカデミー』は社員の価値向上を目指して2018年に設立された“学びの場”です。
 社員が自律的に定めたキャリアアップ目標、その達成のために最適なフォローが実施されます。
 また、社員が講師を務め、教えることを通じてより高いレベルのプロフェッショナルとして、
 さらなるステップアップを図ります。
 この取り組みが、社員の技術力を高め、得意分野の広がりという成果に結びついていきます。

『TSOL文化』の醸成
 1.「学び」の文化
 2.「進取」の文化
 3.「自主・自立」の文化

 学び、知識を教養に高め、新しい分野に進んで飛び込み、
 自ら考え答えを見つけられる人材が未来を創る。
 『TSOLアカデミー』は、「TSOL文化」の醸成を図りながら、IT業界を担う人材の育成に
 役立つ活動を目指します。

『TSOLアカデミー』の取り組み実績
①考える塾(考塾)の開催
 役員が自ら講師となり、実際の体験や、時事問題の中からテーマを作り、
 「考える習慣」「考え抜くこと」に重点を置いた勉強会を定期的に開催。

②社内研修の拡充
 社外講師を活用した研修だけでなく、当社社員が実際の講師を務める
 社内研修の拡大を実施。
 ※品質管理研修・Python研修・AI初級研修、等実施。

③社外講師講演会の定期開催
 人材価値向上を目指し、幅広い分野の知見に触れ興味を引き出すため、
 IT分野の講師だけでなく、様々な分野の講師を招いての講演会を開催。
 講演テーマ例
 ・衛星データの活用
 ・ナノテクノロジーで創る体内病院
 ・セルフケアと森林浴
 ・気候変動と社会的リスク
 ・日本経済の展望         など

共に歩むパートナーとして
 自社に限らず、社会のIT人材を育成に貢献します。
 社内研修・社外講師講演会など、TSOLアカデミーで取り組みに対して、
 お取引先様、協力会社様の参加を募集しています。
 興味のある方は、弊社担当者へお声掛け下さい。