信頼される技術と社員、そして信頼される会社へ

我が社は1972年に創立し、2011年にTISグループの事業再編により、現在のTISソリューションリンクとして再出発を致しました。いわゆる「第2の創業」です。以来、事業規模も着実に拡大し、事業地域も東京から、名古屋、大阪へと拡大してきました。

創立以来、我が社は一貫してお客様に寄り添い、お客様と共に成長するITパートナーとして、コアビジネスである「オンサイト プロフェッショナル サービス」の充実に取り組んでいます。そして、「真の技術立社」を目指し、さらなる未来への歩みを続けてまいります。

 

現在、我々IT業界はかつてないスピードで変貌しつつあります。クラウドサービス、ビッグデータ、ロボティクス、AI(人工知能)、IoT(あらゆる物がインターネットに繋がる)、FINTECH(金融とテクノロジーの融合)等のイノベーションが進み、その先には「シンギュラリティー」という、人工知能が人類全体の知性の総和を上回る段階がくると予想されています。

 

そのような激しい変化の中においても、我が社の目指す経営はただ一つ、それは未来に向けた「人材の育成」にほかなりません。

ビジネスの原点は「技術」、その担い手は「人間」そのものです。そして、人間=社員は資本であり、決して「コスト」ではありません。我が社はこの考えを座右の銘とし、「人間中心の経営」を標榜し、社員の育成、人間としての成長を図っています。経営者から社員に至る全員が、プロフェッショナルとして技術を向上し、市場価値を高め、そして人間として自立し責任を持って、お客様・社会に貢献するということです。

 

事業におきましては、中核である「オンサイト プロフェッショナル サービス」において培われた多様な経験と技術力をベースにソリューションを創出し、価値あるサービスを提供して、お客様の課題解決に活かしてまいりました。

今後も、それらの経験と技術に加えてAIやロボティクスなど新しい分野の技術を駆使して、お客様とともにビジネス創造に取り組むことができる、そんな未来志向の社員の育成に力を入れてまいります。

 

また社会では、 “働き方改革”という言葉に代表されるように社会構造の変化が始まっており、経営者・社員双方の意識改革や行動変革が求められています。これらに対しても企業として正面から取り組んでまいります。

 

経営理念である「協調と信頼」を旨に、お客様との協調を基本として、「信頼される技術」・「信頼される社員」そして「信頼される会社」として、未来に向け変革と成長を続けるベストパートナーを目指してまいります。

 

今後ともご支援、ご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

代表取締役社長 西野 隆英